コンテンツ

集合住宅や賃貸住宅で水道工事が必要なトラブルが起こる可能性もある

水道工事が必要になるトラブルが起こるのは戸建てだけではありません。集合住宅でも起こりえる話です。戸建てと違って心配なのは、自分の部屋で起きた水のトラブルが周辺の部屋にまで被害を与えてしまったり、逆に自分の部屋が被害を被る恐れがあることです。

■集合住宅でどんなトラブルが起こりやすいのか

水のトラブルの中で一番多いと言われているのは水漏れによるトラブルです。水が漏れるということは周囲が水浸しになって、それによって被害が拡大することが考えられます。戸建てより集合住宅の方が深刻になるケースが多いため、日ごろから予備知識を備えておくことが大事だと言われています。
自分の部屋で水漏れを起こしてしまった場合、自分の部屋だけでなくほかの部屋の壁や床、場合によっては家財道具などもダメにしてしまう恐れがあります。床がびしょびしょになれば下の部屋の天井もダメになりますし、水漏れの量が多ければ家財道具も水浸しになって弁償しなければならなくなります。もしも電化製品などがダメになってしまえば、弁償する費用も高額になってしまうので、水漏れぐらいなどと思わずに、水のトラブルが起きたら大変な状況になる恐れがあることを頭の片隅に置いておきましょう。

■賃貸物件で水のトラブルが起きたとき

もしも、水のトラブルが賃貸物件で起きてしまったときは、専門業者に連絡を入れる前に建物を管理する会社や大家さんに連絡を入れて、どう対処したらいいのか相談してください。管理側によって依頼する業者が決まっていることもあるので、勝手に修理を依頼すると自分で修理代を払わなければならないこともあります。止水栓や水の元栓を閉めるなどの応急処置を施したあと、管理側に連絡を入れましょう。
止水栓は蛇口のすぐそばにあることが多いものの、場所が分からないこともあるでしょう。そのときは水の元栓を閉めて業者が到着するのを待ちます。一時的に家の中の水が使えなくなりますが、給水管から水が漏れている場合はこれが応急処置となり、これ以上の水漏れを防ぐことができます。家族みんながこの応急処置を周知していれば、いつトラブルが起きてもすぐに対応できるはずです。

■まとめ
水道工事が必要なほどの状況はできるだけ避けたいのが本音です。そのためには、万が一トラブルが起きたときに最初の対応がどれだけ早いかがカギを握ります。被害を大きくしないためにはトラブルが起こる前に予備知識を備えておくことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ