コンテンツ

水道のトラブルは工事が必要になることもある

いつも何気なく使っている水道回りでトラブルが起きたとき、どうしてこのタイミングでと慌ててしまいがちです。一刻も早く状況を改善するためには、トラブルが起こる前に予備知識を確認しておくことが大事です。

■突然水が出なくなってしまったとき

いつも通り水道を使おうと思ったら水が出なくて困ってしまったという事例は少なくありません。今すぐ工事が必要なのかとパニックになってしまいがちです。専門業者にそのような相談の電話はとても多く寄せられています。
まずはじめに蛇口を確認しましょう。一般的によくあるタイプはレバータイプやハンドルタイプです。お湯と水の量を調節して使うのは混合水栓と呼ばれています。レバーを動かして水を出すのはシングルレバー水栓と呼びます。
いろいろな種類の蛇口がありますが、もしかしたら水が出ない要因は止水栓がしっかり開いていないからかもしれません。止水栓はハンドルを回して開いたり閉じたりするタイプと、ドライバーを使って開いたり閉じたりするタイプがあります。水が出ないとき、もしくは水の出が悪い時は止水栓を開いてみてください。それでも水が出ない場合はもしかしたらほかの原因があるかもしれません。専門業者に見てもらって工事が必要かどうか判断してもらいましょう。

■水が漏れるトラブルも珍しくない

水のトラブルというと水漏れがすぐに思い浮かぶ方も多いでしょう。水回り周辺が水浸しになって初めて水漏れに気づいたという人もいますが、実は水漏れが発生した際に見舞われる症状があります。どんなものがあるのか知っておけば、水漏れに気付くきっかけとなり、被害を最小限に食い止めることができます。
例えばバスルームの水漏れですが、カビがよく出るようになると注意が必要と言われています。清潔に使うために念入りに掃除もしているし、カビを除去する洗剤も使っているのになぜか頻繁にカビが生えるとなると、どこからか水が漏れているために湿度が高くなっている恐れがあります。
そのほかキッチンの場合は、水漏れが起こると嫌な臭いが立ち込めることがあるといいます。これは生活排水がどこからか漏れている恐れがあり、その生活排水から漂う嫌な臭いが立ち込めているという状況です。

■まとめ
水が出ないトラブルも水が漏れるトラブルも、素人にはどうにもできない状況が起きている可能性があります。できるだけ早い段階で専門業者に連絡を入れて早急に対応してもらえば、トラブルによる二次被害を防ぐことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ